ビタミンCは肌にとても良い成分になり美容効果が高いです。肌の真皮細胞の繊維芽細胞が活発になるように手助けする働きがあります。


繊維芽細胞の体内でも働きは、エラスチンやコラーゲン・ヒアルロン酸などの生成を促します。エラスチンやコラーゲン・ヒアルロン酸は、お肌の弾力を与えてハリやツヤを出す効果がある成分になります。肌に弾力がでることによってたるみや毛穴の開きなどを改善する効果があります。ビタミンCは水溶性のビタミンになり、強い抗酸化作用があり細胞の老化を防ぐ働きがあります。すでにできてしまっているシミやそばかすをメラニン色素還元する働きや、メラニンの生成を抑制する働きでシミやそばかすを薄くさせる効果もあります。紫外線の影響でできる老化の原因になる活性酸素を取り除いて、くすみのない透明感がある肌に導く作用もあります。ビタミンC誘導体は、ニキビの改善効果もあります。過剰に分泌する皮脂を抑制させる働きがあるので、ニキビができにくくする効果やできてしまったニキビの消炎効果などがあります。コラーゲンの働きを促すので、ニキビ跡の改善やニキビが炎症したときの刺激によって引き起こる色素沈着を防ぐ効果もあります。